知人だからと契約しないまま引き受けて、
途中で他社に乗り換えられた。

古くからの知人から新築工事の依頼があった。
概算見積を出してOKとなり、契約書を交わさずに確認申請を出す段階まで進んだ。
地盤調査や設計を下請けの設計事務所に依頼し50万円の出費。
細かい図面が出てから正式な見積りを出すと当初より1,000万円高くなってしまい、
安くできるという他社へ乗り換えられた。
少なくともかかった実費の50万円は請求したいが、相手は拒否している。

  • ポイント
  • 契約書の作成

親しい間柄であっても建築主と事業者という関係になるときは
まずきちんとした契約書を作成し、締結することが大事です。

結局はそれがお互いの信頼関係を守ることになります。