住宅性能表示制度を利用するはずが、

連絡ミスで検査を受け損なった。

住宅性能表示制度を利用して建設住宅性能評価書を取得する手はずだったが、
連絡ミスで登録住宅性能評価機関の検査を受けられないまま、工事が進んでしまった。
そのせいで、評価機関から性能評価書の発行はできないと言われた。

  • ポイント
  • 手続きの期日チェック

評価住宅、長期優良住宅、補助金など
利用する制度の申請を確実に行うと同時に、
多くの制度では工事着工前、工事中、完成時などに
申請の手続きや検査の連絡が必要となっているので、
この期日を守ることが重要です。

申請の遅れなどで検査が受けられないと、制度利用ができず、
建築主から責任を問われる場合もあるので、
制度利用の手続きは慎重かつ確実に進めるようにしましょう。