バタバタと追加変更に追われ、
見積りも記録もなく、支払いもされないまま。

請負工事契約当初の仕様が途中でかなり変更となった。
「工事代金が追加になる」と建築主に伝えたが、「それでよい」という返事だったので工事を進めた。
仮住まいの期限もあるため、全体的に急がされ、
追加工事の見積りを作成する時間がなく打合せ記録も残していなかった。
入居後、こんな高いとは聞いていないと追加工事費の支払いがなされないままである。

  • ポイント
  • 追加変更の見積提出

決められた工期の中で
いくつもの追加変更が生じて現場がバタバタしてくると、
見積書や打合せ記録の作成などは、つい後回しになりがちです。

後のトラブルを避けるために、
変更については見積書を提出して確認を取り、打合せ内容は書面にしましょう。

口頭での確認だけではあとに残らず、
「言った言わない」でトラブルのもとになりますので、気をつけてください。